十六日茶会

「月毎の十六日は翁の為に茶を煎し人々に喫せしむる事年久し」と文政七年(1824)に鶴翁が著わした「茶売り詞」に記載がありますが、いつ頃からこの茶会がはじまったのでしょうか。

文政元年(1818)に篠崎小竹が子息を伴って花月菴を訪問した記載が「頼山陽全伝」にあります。また、小竹夫人の佐智子は「煎茶大人集」にも記載されています。
これらのことから、文政元年頃から十六日茶会がはじまったと推測されます。
そして、この十六日茶会が文政七年の松風清社の設立につながっていきます。
ちなみに、鶴翁は後世に高弟の生白庵(杉村又吉)が独立するにあたり、「松風起社」を授けています。
 

この十六日茶会では、握飯に煮しめを添えて出し、煎茶を出す折には菓子をぜんに乗せて出していたことが、畑銀鶏の「銀鶏雑記」に記載されています。 

二つの月例茶会

二つの月例茶会とは鶴翁が催した月例十六日茶会と、木村石居が催した月例二十五日茶会のことです。
 
鶴翁は二十五日茶会で売茶翁の茶風を習得し、十六日茶会で自らの茶風、茶法を確立しました。
 
鶴翁の十六日茶会は高遊外売茶翁の月命日にあたり、また木村石居の月例二十五日茶会は石居の養父蒹葭堂巽齋の月命日にあたります。
鶴翁は師の聞中淨復禅師から授かった三種亭其行の名で、文政七年(一八二四)晩春に「茶売り詞」を著わし、月例茶会について次のように述べています。
 
「翁の道徳を尊み、故ありてかたはかりの茅宇を結ひて花月菴と號け、
 翁の真像を安置し、月毎の十六日は翁の為に茶を煎し人々に喫せしむる事
 年久し」
 

畑銀鶏は天保五年の「銀鶏雑記」に田中新右衛門について次のように記述しています。

「島ノ内東堀清水町 酒造
 毎月十六日會日 花月菴素徳
 此ノ仁より決まり候て、兼葭堂へ参りべき旨、毎月廿五日會日」

蒹葭堂の二十五日茶会は鶴翁の発案と思われます。

蓮月既望煎茶式

蓮月既望煎茶式は鶴翁が考案しました。

天保六年(1835)江戸から来た大里浩庵(有年)が「浪華煎茶大人集」を著わし、その中で蓮月既望煎茶式を紹介しています。

10.浪華煎茶大人集10

花月菴翁 姓は田中 茶名は毛孔と呼べり。

  売茶翁より煎茶の脈絡をひきて三代に至れり。

  高翁が手馴れし茶道具をつたへ、

  その外、隠元禅師明朝より持来りし煎茶の古器を蔵せり。

  又、翁が死生の日十六日なれば、蓮月既望煎茶を施せり。

  又、三月六日陸羽忌と称して新茶を手製し供する事、花翁より起れり。

  浪速の宗匠なり。俗称新右衛門と云て、九之助橋浜手に居宅あり。」

 

蓮月とは七月、既望とは十六日という意味で売茶翁の命日にあたります。

鶴翁がこの蓮月既望煎茶式をいつ頃考案したかは定かではありません。

ただし、文政七年(1824)鶴翁は「茶売詞」を著わし、そのなかで結社を呼び掛けています。

この時期までに鶴翁は蓮月既望煎茶式を考案したことが想定できます。

 

蓮月既望煎茶式の内容は、天保六年(1835)聞中禅師七回忌法要の「茶器録」に見ることが出来ます。

これは現在の花月菴流の煎茶式の道具立てとほぼ同一です。

倹徳

桧垣真種は「浪華風流繁昌記」の中で、「字倹徳花月菴鶴翁ト号ス 又松風清社毛孔 三種亭其行等ノ号有」と記載しています。

これは「倹徳」および「花月菴鶴翁」が初めて登場する記録です。

したがって、天保九年(1838)四月に一条忠香公より「鶴舞千年樹」の染筆を賜わった以降の記録と推定できます。

また、鶴翁師は在世中の大半は「毛孔」「素徳」を用いていましたが、晩年に「倹徳」を用いていたことがうかがえます。

「倹徳」の由来は陸羽の「茶経」からです。「茶経」の「五之煮」で「茶の性は倹」、「一之源」で「茶は行い精れ倹の徳のある人が飲むのに最もふさわしい」と言っています。