鶴翁

鶴翁は天保九年(一八三八)四月、一条忠香公のお召に応じ茶を献じました。

頭に芙蓉巾(心越禅師所用)をかぶり、鶴氅衣(売茶翁所用)を着て茶具を荷い、庭で伶人奏楽のなか忠香公を始め諸公に茶を献じました。

鶴翁が茶具を荷い、庭を逍遥するさまは「鶴が舞うが如し」とのお言葉を忠香公から賜り、「鶴舞千年樹」の染筆を下賜されました。また次の一首と「鶴翁」の名を賜りました。

 

千世萬はなと月とに汲そへよ

つるの翁のかめをあつめて

 

同年九月、忠香公より再度のお召に応じて茶を献じました。

この時「紫の巻」と題する染筆を賜りました。

 

煎茶といへるはいにしへよりもてはやせり

今難波の花月菴はむかし遊外翁の伝へを得て

茶どうの式をうかつ清雅にして艶なり

天下の妙といふべしちゃを好めるもの

この規短によるへし殊勝のあまり

 鶴翁へ

茗にしなふ難波の人の汲茶には

よしとて花も月籠りて

 

鶴翁の生前には、自ら「鶴翁」の号を用いた文献を確認することができませんでした。

花月菴鶴翁の煎茶道

1.茶系

  茶系

 

 

 

 

2.茶風

  売茶翁の茶禅一如

陸羽 → 倹徳

廬仝 → 清風、通仙

達磨 → 達磨の教えへの回帰

 

3.茶法

蓮月既望煎茶式 → 点前の順序

茶話清談

 

4.門人

庶民 → 職人、婦女子

戎鯛

田中屋の銘柄は「浪華清水」「菊之清水」「鶴」「戎鯛」です。

文政六年(1823)の「続浪華郷友録」によれば、銘柄はかつて「浪華清水」であったが、以後は「菊之清水」にしたことが記述されています。

また「鶴」については文政七年(1824)、花月菴を訪れた頼山陽が次のように記述しています。「余が酒戸(量)の進むこと、この酒(鶴)より始まる」(「頼山陽全傳」)。

戎鯛看板(花月菴蔵)「戎鯛」は文化元年(1804)に西宮の真宣屋喜平次から1,750石株を買い取った銘柄です。「戎鯛」の看板が花月菴に現存しています。

この看板では「西宮 田中新右衛門」と記載されています。これは田中屋の醸造場所が大阪と西宮にあったことが推測されます。そして田中屋は大坂の伝統的な足踏み精米と、西宮の河川を利用した水車精米を擁していたことが推測されます。

また、「売方一手」として「中井新右衛門」が記載されています。中井屋が新たに看板を制作したことは、田中屋の地元酒問屋が中井屋かもしれません。

「戎鯛」は江戸向けにも販売されていました。

文化五年(1808)、大坂酒造仲間の総会に真宣屋喜平次の名前があります。この総会では江戸向け船積みの調整をすることが決議されています。

求道の旅人 聞中浄復 3

聞中は伊藤若冲の書雁を学び、紙一枚ずつ寫すことを日課としました。

そして、そのことを大典に許しを請いました。

大典は手紙で答えました。

「吾人佛徒には重要な一大事がある、それが為には爪を剪るに遑もないはずである。文学の如きも固より本務ではないが、道を資するため、性の近き所、才の能くする所を以て、緒餘の之を修むに過ぎぬ、その他の芸術は、法道に於いて何の所益がある、父母が汝に出家を許し、師長が教誡して汝を導き、檀越が汝に衣盂の資を供給する等の本意は那邊に在るか、宜しく考慮せよ、余の許不許の関する譯ではない… 」