青木木米宅跡(木屋)

鶴翁と木米との交友は、木米作品の為書や鶴翁宛の手紙であきらかです。

「陶器大辞典」(陶器全集刊行会編纂)に木米の制作する煎茶茶碗について「『木米のは花月菴流であるから高臺が高い』とは屢々聞く言葉である」との記述があります。

木米旧宅跡1

木米旧宅跡3

 

京都に戻る