過去に学ぶ

NHKの「仕事ハッケン伝」でアメリカの芸術家が「未来は過去に対する敬意」であるといっていました。

「過去に光をあて、現在を知る。現在を知り、未来を探る。」知人がよく言う言葉です。
 
過去に学ぶ。
 
今、鶴翁に学ぶことは普遍的なことです。
 
日々の積み重ね。
 
人間関係は交流を通じて築いていくものである。


過去に学ぶ” への1件のコメント

  1. 「過去に光をあて、現在を知る。現在を知り、未来を探る。」いい言葉ですね。
    孔子の「子曰温故而知新可以為師矣」から四字熟語になった「温故知新」
    これができれば良き指導者になれるという意味を持っているそうです。
    あきつの赤とんぼです。 お久しぶりです。 道を極めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.