幕府の酒造統制 1

江戸時代は米が経済の中心のため、米を主原料とする酒造業は米価調整の要になっていました。そのため幕府の厳しい統制下にありました。
不作続きで米価が高騰すると幕府は酒造家に減造令を命じ、また豊作で米価が下落すると勝手造り令を命じました。新右衛門(鶴翁)は少年時代と晩年に減造令を、壮年時代に勝手造り令を経験しました。
 
少年時代の減造令は天明の大飢饉で、天明・寛政年間に十年続きました。幕府の取り締まりは厳しく、新右衛門(鶴翁)が後に深くかかわる木村兼葭堂の坪井屋は減造令違反で廃業を命じられました。
 
文化・文政年間の勝手造り令は経営の発展の時期でした。新右衛門(鶴翁)は、酒造株を1,750石を増株し、合計3,000石としました。しかし幕府は酒造株を持たない者にも酒造りを認めたため、灘などの在郷型酒造家と大坂、伊丹などの酒造家との競合、対立が激化しました。組合組織である摂泉十二郷酒造仲間は自主生産、特に江戸向け船積み規制をするように働きかけましたがまとまりませんでした。ようやく文政七年(1824)に江戸向け出荷規制を決議しました。
ところが幕府は酒造仲間の幹部七名を勝手造り令違反で逮捕しました。文政九年(1826)に最高責任者である大坂の吹田屋与三兵衛は獄死し、他の幹部は罰金刑を課せられました。
 
新右衛門の晩年の減造令は天保の大飢饉で十年間続きました。しかも幕府権力を背景とする江戸酒問屋は地方の酒造家を支配し、系列化する策動がおこなわれ、江戸酒問屋の売掛金未払い問題が発生していました。このような情勢は酒造家の衰退をもたらし、特に大坂、伊丹などの酒造家の廃業や倒産をもたらしました。この体験は煎茶人鶴翁の思想と行動に大きな影響をあたえました。
 
 

 

酒造業田中屋

 

1.所在地
田中屋は東横堀川の川沿いにあり、物資の搬出入に便利な場所でした。秋里離島「築山庭造傳」(文政十一年 1828)には「花月菴は横堀の西岸の高楼成。淀川の支流はいながら結ぶ眺望の所は高津の台なり。生玉の森林に浮かび、南に瓦屋橋を帯びる」と記載されています。この地は通称清水町といわれていたように、良質な水が湧いていました。
 
2.酒造株
幕府から認可された田中屋の酒造株は、鶴翁が世襲した当時は1,250石高でしたが、文政九年では3,000石高に増株になっています(「酒造株帳寫」西宮、四之井家文書)
 
3.銘   柄
「浪華清水」 「菊之清水」 「鶴」 など。
毛必華編「続浪華郷友録」文政六年(1823)に「花月菴、号菊井館、姓田中、住清水町、宅中に井戸あり、(銘酒)旧名を浪華清水といい、事後菊之清水と呼ぶ、この水は清冽にして煮茶にして用いる」と記されています。
また、「頼山陽全傳」によれば、文政七年六月二十四日に頼山陽が花月菴を訪問したことが記されていて、「余が酒戸(量)の進むこと、此の酒(鶴)より始まる」とあります。
 
4.販売先
地売りと江戸向け販売をおこなっていました。「帆待積申合覚」(西宮、四之井家文書)、文化五年(1808)六月に大坂三郷酒造家仲間の総会において、江戸向け船積の自主規制を決議し、田中新右衛門をふくむ三十四名が署名捺印したことが記されています。
 
5.酒造組合
大坂三郷南組